TOEICテストとは

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。
TOEICテストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれている点が大きな特長です。これによりTOEICテストで、あなたの現在の英語能力を正確に把握したり、TOEICの評価を仕事にも就職にも大きな価値を持っています。
TOEICテストは、世界約90ヶ国で実施されています。また、その国独自の文化的背景や言いまわしを知らなければ解答できないような問題は排除されていますので、「世界共通の基準」として活用することができます。
TOEICテストは学校で習う英語の技術ではなく、身近な内容からビジネスまで幅広くどれだけ英語でコミュニケーションできるかということを測ります。

TOEICテストの受験

TOEICの公開テストは、年に8回開催されています。受験地は日本全国80都市で行われています。
公開テストの申し込みは、インターネット、コンビニ店頭、郵送で行うことができ、受験料は6,615円(税込み)です。ただしリピート受験の場合は、6,000円に割引されます。
インターネットからの申し込みの流れは、TOEICインターネットサービス(個人向け)にログイン後、TOEIC公開テストメニューから受験申し込みをクリックし、申し込みをしてください。TOEIC運営委員会より登録のメールアドレスへ「TOEIC公開テスト申込受領通知」がきますので、大切に保管してください。
コンビニでの申し込みは、セブンイレブンマルチコピー機の「資格・検定」の画面から申し込み、「資格・検定試験代金払込標を印刷してください。受講料はレジで印刷ページを提示して受験料をお支払ください。

TOEIC試験内容

問題はSection I のListening(45分間・100問)と、Section II のReading(75分間・100問)からなり、2時間で200問に答えます。途中、休憩はありません。
Section I はテープに吹き込まれた会話やナレーションを聞いて設問に答えます。Section IIは印刷された問題を読んで設問に答えます。
リスニング5点〜495点、リーディング5点〜495点、トータル10点〜990点のスコアで5点刻みで表示します。
テストは英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。筆記はマークシート方式です。
ListeningとReadingという受動的な能力(Passive Skill)を客観的に測定することにより、Speaking と Writingという能動的な能力(Productive Skill)までも含めた、英語のコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計されています。

TOEICテストについて